産後風

産後風
出産後、妊娠と分娩により生じる子宮、骨盤など全身のあらゆる器官の機能が徐々に回復し始め、妊娠前の状態に戻るまでの所要期間を産褥期と言います。この産褥期は個人差はあるが、大体6週~8週程の期間が所要されます。

この期間に間違った養生をした場合に生じる一連の後遺症症候群を産後風と言います。
この産後風という病名は韓国で昔から巷間に伝わってきた俗称で、婦人が出産した後、摂生に努められずできた病気を集約したものを言います。

 
産後風の漢方原因
▶ 血滞
血滞身痛は、出産後に瘀血が除去されず、経絡に留まって詰まることにより発生します。
出産後、悪露の色が濃い紫色で量が少なく、痛い所を押さえると痛みが激しくなり、荒くて遅い脈、全身がちくちく痛む症状が現れます。また、顔と唇も瘀血色の濃い紫色になります。
不足する気と血を保護し、全身の循環を円滑にさせてくれる治療をします。

▶ 血風
血風身痛は、出産後に気と血が衰弱された状態で風寒を受けると全身の筋肉と血脈が痙攣を起こしながら収縮し、無力で痛みを感じます。また、全身の関節及び頭痛、悪寒、脈には緊張感を感じます。酷くなると、痙攣を起こし,手足が冷たくなります。風の悪い気を外に出す治療を進めながら、血を保護してくれる治療をします。

▶ 血虚
血虚 身痛は、出産後に大量の出血により、皮膚と血脈が緩まって痛みを感じます。普通、痛い所を押さえると痛みが減少され、良くなるような気がします。不足する気と血を保護してくれる治療を進めて全身循環を助けます。

 
産後風の臨床的な原因
7125994_web

  • 分娩後、元気が回復されていない状態で寒気に接触されたり、悪い血が体中に停滞されている時。
  • 分娩後、養生が十分にできなかった状態で過労をした時。
  • 高齢出産、難産の時。
  • 帝王切開分娩の際、下血が多かった時。
  • 妊娠中に流産の気味や、激しい悪阻、過労、精神的な衝撃があった時。
  • 流産と出産の回数が多い時。
  • 排出されてなく残留している瘀血 が関節や経絡に留まる場合。

 
産後風の漢方原因
症状は一定ではなく様々であります。
症状の発現は環境や感情の変化により、さらに敏感に現れることもあります。痛みは激しくて時間が過ぎれば過ぎるほど全身の関節と筋肉に集中される傾向があります。また、激しい場合は夏にも関節部位が冷える場合があります。
이미지 클릭시 확대보기

 
産後風の自己診断
下記項目から5つ以上該当される場合、産後風治療を受けるべきです。

  • 風が激しく吹くと体が冷えて外出するのが難しい。
  • エアコンの風だけでも体が痛くなる。
  • 関節毎に体が冷えて痛い症状がある。
  • 汗を多くかかれ、汗をかくと寒気が更に酷くなる。
  • 部屋の床でも素足で過ごせない、靴下を履いているのが楽だ。
  • 冷たい水で手を洗ったり、シャワーを浴びることができない。
  • 冷え性や痛みで寝そびれたことがある。
  • 出産後に症状が更に酷くなった。
  • 産後風症状によって心が憂鬱になり、体がだるい。

 
産後風治療

산후풍치료

 

産後風の治療期間

▶ 軽微な産後風
軽微な程度の産後風は普通に治療漢方薬の服用、鍼灸治療、薬針などの治療を受けて
約1~2ヶ月程の期間内に症状の好転、完治が期待できます。
▶ 中等度の産後風
発汗過多や全身痛み、関節痛みが酷い場合、中等度産後風に属します。治療期間は個人差があるが、大体3~6ヶ月程が所要されます。
▶ 高度の産後風
日常生活や外出ができなく、産後風が発病してから6ヶ月以上経過された長期間の産後風や 一般的な漢医学的な治療を3ヶ月以上受けても好転しない場合を言います。 専門的な産後風治療を行っても6ヶ月程度の期日が必要であり、場合によっては1年以上の長期間の
治療が必要となる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>