生理痛

生理痛
生理痛は月経が始まる前や途中、又は終わった後に下腹部と腰の痛みを感じることです。女性の80%が軽く不愉快な気分を感じて乳房の膨張、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、消化不良などの全身症状を伴う場合もあります。

生理痛の原因
01.寒湿低体温
普段体が冷たい体質、湿気の環境・冷たい所で長時間座っていたり、冷たい食べ物を摂取して発生する事です。下腹部が冷たくて、食習慣も不規則なので消化が出来ない場合が多いです。
13817619_blog

02.気体淤血
ストレスなどによる気が留まって、体に淤血が生理痛となります。月経直前と1日目の激しい痛み、固まった血が出たり、顔色が悪く見える女性が多いです。

03.気血虚弱
気と血液が全部足りない状態で、体が重くすぐ疲労感を感じます。月経量が少なく色が濁っている場合が多いです。

04.肝腎陰虚
月経痛の期間が長く、主に腰の痛みを伴う月経痛。

 
生理痛の治療

01.漢方薬治療
マムスヒョソン漢医院の漢方薬は個々人の体質と症状に適する漢方薬を処方し、生理痛の発生原因の除去とともに子宮を丈夫にして気血の循環を助けます。治療期間は1周期を3次月経期間または3ヶ月にして進めます。

02.針灸治療
臓腑の虚実によって適切な針処方をして、体中の気血循環を助け、生理痛の治療に大きく役立ちます。消化器官または臍の下の丹田の周りに灸治療を並行します。

03.薬針治療
紫河車(胎盤)薬針 ; ホルモン調節目的
肝気鬱血薬針; 血液が留まって排出が円滑ではない場合
肝血虚薬針; 血虚症の治療
湿痰薬針, 腎陽虚薬針

04. 座燻治療
座燻とは漢医学の燻蒸法に該当する治療法で、薬物を水に入れて沸かし、その蒸気を当てる方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>