生理不順

生理不順
生理不順は生理が正常的ではない状態で、原因は非常に多様です。
過度の運動、ストレス、体重減少、肥満、薬物、疾患によって誘発されますが、子宮や卵巣、視床下部、脳下垂体、甲状腺、副腎、各種の染色体やホルモンの異常によっても誘発されます。
漢方では経行不利 、経閉、経行過多、経行不止、月経紊乱などに分類して、各分類に倣った診断を通じて治療致します。

  • 生理が21日以内に早まる。
  • 生理が40日以上に遅れる。
  • 生理周期が早かったり遅かったりする。13370532_web
  • 過去の月経周期の3倍以上に生理がなかったり、6ヶ月以上しない。
  • 生理量が非常に少なく、生理期間が2日以下だ。
  • 生理量が非常に多く、生理期間が8日以上だ。

 
生理不順の原因
▶腎虚
生殖器の機能をもつ腎臓の機能が低下し、子宮と卵巣の機能が円滑ではない場合に発生します。腰の痛みや手足の痺れ・痛みの症状があります。

▶湿痰
体内に湿痰という老廃物が積もって、気血の巡行を妨げ、子宮と卵巣に異常が発生した場合です。月経前後にゆるかったり又は粘液性の帯下がある場合が多いです。
肥満体型、めまい、吐き気、胸のはずみや胸が窮屈な症状が多いです。

▶脾気虚弱
きつい精神的・肉体的労働、不規則的な食生活などが脾氣の損傷を齎して、生理不順の原因になります。活動量が少し増えるだけでも、疲れやすくなり、声が小さくて顔色が黄色い方です。

▶血虚
過度の下痢、汗、小便により体液が枯渇され、ろくに血が作れない時に月経の周期に異常がでます。手足の冷症、少ない月経量、消化障害があります。

▶淤血
子宮や下腹内に血液が留まって生理不順となります。普段痣が出来やすく、血液中に血塊が多いです。

▶肝気鬱屈
心理的な要因、ストレスなどが原因で、肝の気がろくに通じられず、血液の流れを妨害して月経周期に異常がでる場合です。癇癪を起こしたり、脇が痛んだり、体が温度の変化に非常に敏感になります。

 
生理不順の治療
01.漢方薬治療
マムスヒョソン漢医院の漢方薬は個々人の体質と症状に適する漢方薬を処方し、生理痛の
発生原因の除去とともに子宮を丈夫にさせ、気血の循環を助けます。

02.針治療
臓腑の虚実によって適切な針処方をしています。体中の気血循環させて生理痛の治療を助けます。消化器官または臍の下の丹田の周りに灸治療を並行します。

03.薬針治療
原因と症状によって、
紫河車(胎盤)薬針 ; ホルモンの調節
腎陽虚薬針; 腎臓機能の低下と基礎体温が低い時
中性淤血薬針; 淤血除去
鹿茸薬針; 気血不足の場合

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>