蜂薬針

蜂薬針
蜂薬針療法は、蜂毒の採取器から蜂毒のみ採取した後、無菌的の精製過程を通して安全性が確保された治療用の薬針製剤に作ってから、経穴などに注入して疾病を治療する療法の事です。
蜂薬針(Sweet Bee Venom)は、蜂毒からアレルギー誘発因子(Allergen)として作用する酵素成分を除去した酵素除去の蜂薬針です。蜂毒の主成分であるメリチンとアパミンは、強力な消炎作用に優れた成分と知られています。これを活用した鉢針は、炎症除去と免役力の増強に優れた効果があって、人体自ら疾患を克服する様に誘導します。

鉢薬針療法の免疫学的な現象
鉢薬針の施術過程で現れる現象では、寒気、震え、施術部位の浮腫む症状などが、1~2時間程度から、1~3日間長く発生する事もあります。

 
蜂薬針の効能
봉약침

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>